仕事の見通しと探すべき場所

ベトナムは21世紀初頭に巨大な経済成長率を記録し、世界中から投資を集めています。 しかし、地元の会社において面識なしに仕事を見つけるのはまだまだ困難です。

今世紀初頭以来、ベトナムは貧困を減少させ、一人当たりの国内総生産(GDP)を2倍以上に増やしました。 それでも今なおベトナムは、アジア太平洋地域の貧しい国の一つです。 さらに、高いインフレ率と食料価格の上昇という問題を抱えています。 それにもかかわらず、過去10年間で常に3%を下回っている低い失業率、そして安くて若い労働力のため、ベトナムは世界中の企業から多くの関心を寄せられています。

外国人にはあまりオープンではない分野ですが、農業、林業、漁業は依然としてベトナム経済最大のセクターを構成しています。 ただし、このセクターは減少し、かわりに産業とサービスが増加しています。 1986年にベトナムを自由市場経済に変えたDoi Moi(リノベーション)プログラムが、経済発展に重要な役割を果たしました。

賃金と生産コストが安くなったため、最近、欧米および中国の主要企業がベトナムに進出しています。 これらの企業は、多くの場合、進出元からの経験豊富な労働者を地元の労働者の訓練にあたらせています。

情報技術、建設、観光は、おそらく外国人の雇用需要が一番大きな分野です。 特にこれらの分野では、ベトナム人の熟練労働者が不足しているためです。 さらに、製造業、鉱業、衣料産業、電力セクターの分野も外国人の雇用需要があります。

どこで仕事が見つかるのか

適切な連絡先も知らずベトナム語も話せない状況では地元企業で仕事を見つけることはほとんど不可能です。 しかしグローバル企業での仕事探しは容易です。

ベトナムでの就労を検討する場合、就職のために少なくとも3か月はかかることを見積もってください。 仕事なしでも数か月滞在できる財政的余裕をもつ、もしくはベトナムに来る前に、仕事探しを開始する必要があります。

仕事を見つけて応募しても、仕事を確保したことにはならないので注意してください。 仕事を確保する場合、ほとんどの場合において、ベトナムに自身の足で来ることが重要です。 幸いなことに、外国人の仕事探しは国際企業ではそれほど難しくありません。 絶対に必要というわけではありませんが、ベトナム語の知識があれば、すこし有利になります。

労働市場の見通しは非常に良好ですが、ベトナム人労働者が優先されることに留意する必要があります。 外国人は、グローバル企業であっても、現地労働者の代替がない場合にのみ雇用されます。 会社のマネージャー、エグゼクティブディレクター、エキスパート職の少なくとも20%はベトナム人でなければなりません。 さらに、企業はいずれ外国人労働者と交代させるためにベトナム人労働者を訓練することを保証しなければなりません。

グローバル企業でのポストは首都ハノイとホーチミン市(旧サイゴン)で見つけることができます。 希望する職種によっては、ビンズオン、ドンナイ、ハイズオン、バーリアブンタウ、またはその他の観光地でも空いているポストを見つけることができます。

どこを探すべきか

ベトナムに到着する前に仕事を探し始める場合(そうすることを強くおすすめします)、インターネット上の求人広告を利用すると良いでしょう。 仕事を探すのに役立つサイトがたくさんあります。

キャリアリンクはベトナム求人専門であり、ありとあらゆる業界から求人広告がある最大級のベトナム求人サイトです。 また、Monsterなどのグローバルサイトや、Asiacoジョブセンターなどのアジア向けのサイトでも多くの仕事を見つけることができます。 Jobstreetは、IT、マーケティング、セールス、エンジニアリングといった職種の検索を専門としています。 上記の全てのサイトは英語で利用可能です。

すでにベトナムにいる場合は、地元の新聞の求人欄を探すのも良いでしょう。 ただしその場合、ベトナム語を適切に理解できることが必要です。 ネット上の外国人掲示板で検索するのも一つの手段です。

営業の仕事をする

ベトナムで仕事を探し始めたのは海外で働きたいと思ってからすぐのことです。実際に仕事へ応募するまでに1年近くありました。思い立ってから応募までの期間は1年半くらいになります。

そんな中、私がベトナムでBtoB営業の仕事を決めた一番の理由は、他の職種と比較しても断然と求人募集が多いです。そして、同じ会社の募集が数ヶ月〜1年以上と出ています。

このことから需要があるが、供給(なりたい人)が足りていないことが明白です。

それは、売り手市場だというのがわかります。営業が嫌でなければ、強気で交渉することも可能です。なんせ、求人募集は他の仕事の倍以上あるんですから。

日本での経験を武器に就職活動をしました。大卒から機械部品の営業を日本で4年、海外(主に東南アジア)で1年という僅か5年という営業経験を武器に強気で交渉し、同年代の事務職が1500ドル前後なのに、私は2400ドルを手にしました。しかも英語が話せないのにです。